活動報告  トップ
森づくり   トップ
トップページ

〜 活動報告 〜

※ 掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます Copyright 1989-2008 shinrin-forum-society. All rights reserved.

森林フォーラムの会

       4月18日

         参加者 6名

         

            一昨日に関東周辺を寒波が襲った。
        東京地方ではこの時期、41年振りの降雪を記録した。
        これは、最も遅い降雪のタイ記録とのことだ。

        赤城の森は、丸1日経った今日も一面雪に覆われている。
        今日の気温は10度を超え風の無い陽だまりは大変暖かい。
        目に見えて雪が消えつつあるようだ。


        コナラ広場はこの冬の最低気温はー12度。最高は22度を記録していた。

            

赤城親しみの森

カケスがサクラの大木の梢を飛び交い、カラの類も春のさえずりを聞かせてくれた。

雪の上の足跡はカモシカのようだが、
雪が解けた日当たりの良い林床にはシカの「ため糞」が目立っていた。

今回はたいした作業も出来なかったが、
次回5月はしっかりと片付け作業をする必要がありそうだ。

散策しながら道を塞いでいる折れ枝、倒木をかたづける。
コナラ広場近くの倒木の片付けも全員で行う。
皆伐された隣接地に面する辺りは、マツの倒木が目立つ。
北風の影響をまともに受けたせいなのだろうか。

赤城の森の春は遅れてきているようだ。
ウグイスカグラ、コブシ、ダンコウバイもやっと花を咲き始めたところで、
スミレや春の草花はまだこれからというところだ。

サクラ類やヤマツツジは花芽を少しだけ緩めてきているようだ。
この冬の雪と強風の影響と思われるが、森にはマツの倒木、枯損木の倒木が多い。
かなり太いマツの樹幹が途中で折れたり、太い枝折れも大変多い。
森全体が大変荒れた状態になっている。