ミヤマエンレンソウ

ハシリドコロ

アズマシャクナゲ

内山先生  ご紹介
参加申込み
トップページ

・ 内山先生のジャガイモ畑の草取り、畝上げ、耕運機かけ。
  みんなの力で目的達成。満足感もありみんないい体験が出来たようだ。

胡桃平集落

奥名郷集落

〜 活動報告 〜

上野村フォーラム

・ 「すりばち荘」にて入浴

   旅の締めくくりは、「すりばち荘」にて入浴。
   登山のあとの温泉は、ビールにも勝るとも劣らない。

天丸山

野栗沢集落

森林フォーラムの会

ヤマエンゴサク

ヤマブキソウ

野栗沢石積み

すりばち学校石碑

天丸山の隣にある大山山頂付近にて、天然とおもわれるヒノキを発見。
胸高直径30cm〜50cm。見渡して十数本。そっとその膚に触れ、会いに来たぞと思いをこめる。

第2日目

・ 天丸山・大山登山

 天丸山登山口より、各自の体力に合わせ登山。
 
 出迎えてくれた草花、ハルザキヤマガラシ、ハシリドコロ、ミヤマキケマン、ラショウモンカズラ、フタバアオイ、ミヤマエンレイソウ、
 ヤマエンゴサク、各種ネコノメソウ、ユキザサ、ヤマブキソウ、等。

 樹木ではカエデの仲間が多い。ウリハダカエデ、ホソエカエデ、ハウチワカエデ、コミネカエデ、チドリノキ、イタヤカエデ、サワグルミ、
 シオジ、ブナ、フサザクラ、ミヤマザクラ、等。

 花の咲く木では、ヒカゲツツジ、キバナウツギ、そして何より軟らかい淡紅色の大輪を咲かせていたシャクナゲ

5月23日〜24日

第1日目

・ 奥名郷石積み集落 見学

  40年ほど前の写真集「すりばち学校の子どもたち」を頼りに、上野村の半世紀まえの暮らしを検証できないか
  ということで行った。

  「すりばち荘」という温泉民宿の主、黒澤武久さんに案内と説明をお願いした。
  すりばち学校とこの辺りの集落、胡桃平、奥名郷を熟知しているこの人を頼れたのは、参加者にとって幸運だった。
  短時間のなかで、この地域での暮らしが実感を持って語られ、思いも伝わったような気がする。

  40年前には小石を積み重ねた段々畑であった辺りが樹木で覆われ、説明がなければそれとは気付かなかっただろう。
  きれいに草が刈ってあった段々畑が、実は鹿が草を食み、草さえ茂る間がない場所であるとは想像さえし得えなかった。

※ 掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます Copyright 1989-2008 shinrin-forum-society. All rights reserved.