※ 掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます Copyright 1989-2008 shinrin-forum-society. All rights reserved.

    青森 森林・林業視察研修

     2007年9月15日(土)、16日(日)、17日(祝)
     
     参加人数  25名

《第1日目》

 ・ 東海村ヒバ埋没林 視察

    埋没の原因は、@津波 A砂 B砂鉄精製による伐採説等がある。

    昭和の初めごろは砂に埋まってる典型的な埋没林の姿であり、
    現在は小さい猿が森沢に沿ってわずかに枯れ木のような埋没林がところどころに残るだけ。
    今は砂丘の上に繁茂したアカマツや広葉樹の林の中にある形になっている。

《第2日目》

 ・ リンゴ狩り

    田茂木野地区「青森りんごの里」にてリンゴ狩り。
    本場青森の早生品種4種のりんごを試食する。

 ・ 八甲田山ブナ二次林 視察

    ブナ林のうっそうとした回廊は、害虫(ブナアオムシャチホコ)による木々の葉が食われる被害が発生
    一部のブナ林は丸坊主姿になっていた。
   
    見渡す限りどこまでもブナ林だけが続く風景に圧倒され、感動した。

 ・ 蔦沼周辺散策

    蔦沼周辺散策と広葉樹林の森林生態系の説明を受けた後、
    国内最大級のブナの巨樹(高さ42m、幹回り5.65m、推定400年)を見学した。

《第3日目》

 ・ 白神山地十二湖周辺森林生態系 視察

    雨にけむる幻想的な青池とブナ林等の広葉樹林、広葉樹林内の植生等について説明を受けながら
    2時間かけて雨の中をゆっくりと散策した。

    ブナ林の林床には、シダ類、アジサイ、クロモジの木、イラクサなど多数の背の低い草本、
    木本の植物が茂っていた。
    雨に洗われていっそう緑が濃くなっていた。

活動報告トップ
参加募集
林業視察トップ
トップページ

〜 活動報告 〜

森林・林業視察

森林フォーラムの会